小倉広太郎

小倉広太郎/黒い皿 24cm

販売価格
14,580円(本体13,500円、税1,080円)
在庫
6
商品コード
ok-02
便種
宅急便

商品詳細

サイズ:口径約240mm 高さ約21mm


小倉さんが菓子をのせるための皿を作りたいと思って出来上がったのがこの“黒い皿”です。

形は北欧アンティークの木皿を参考にして、色目は載せたものが際立つように漆に墨を混ぜた黒に仕上げました。

北欧アンティークの素朴でおおらかな雰囲気に、日本的なきりっとした漆塗りの要素が加わり、とても魅力的な木皿に仕上がっています。

材料はナラの木で比較的硬く、陶磁器などに比べてずっと軽い仕上がりの中にも、持つ手にはしっかりとした手応えが感じ取れます。

成形の後、地の粉と砥の粉による下地付けを含め、10回近く(墨を混ぜた)漆を塗っては磨く(途中からは拭き取る)を繰り返して仕上げた表面の質感は、一般的な漆器のように完璧に平滑に仕上がった(使うのを躊躇してしまうほど奇麗すぎる)質感とは異なり、もう少しラフな仕上がりです。
下地で埋めきれなかった木の導管や成形時の手跡、塗りむらなどもうっすらと残っていて、それがかえって気を遣わずに使えそうで魅力的に感じます。
使い込んで自分のものに育ててみたいという気持ちになります。


下地付けを行い木の表面の強度を上げていますので、ケーキや果物、パスタなどを食べる程度であれば、金属のフォークを使っていただいても構いません。

どうしても軽い傷は表面につきますが、使い込んで傷が増えてくるとそれもまた味わいとなって良い雰囲気になっていきます。
(ナイフでぎこぎこ切るのは流石にすぐに傷だらけになると思います。)

漆だからと臆せず、日々の食卓で、お菓子だけでなく様々な料理にお使いいただき、“私の一枚”に育てていってほしい器です。

24cmサイズはチーズなどおつまみを載せたり、メイン料理を盛ったり、パスタ皿やパン皿としても使いやすいサイズです。